Hiro's BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 女優その2 キルスティン・ダンスト

<<   作成日時 : 2006/06/03 17:30   >>

かわいい ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)

画像


お好み度:★★★★★★★★★☆(9.5点/10点満点)

オフィシャルサイト: http://www.kirsten-dunst.org/

プロフィール:

 1982年ニュージャージー州生まれ。幼少時より子役として活躍し、7歳で「ニューヨーク・ストーリーズ」にエキストラ出演、「魔女の宅急便」英語版でキキ役を務めるなど芸歴は長い。初の大役となった「インタビュー・ウィズ・バンパイア」ではトム・クルーズ、ブラッド・ピットらスーパースターを相手に堂々たる演技で絶賛を浴びる。「バージン・スーサイズ」などでも抜群の演技力を発揮、人気・実力共にナンバー1の座を争う若手トップスターの1人。


コメント:

 キルスティン・ダンストは、僕の大好きな女優さんの一人です。彼女の声も好きですし、顔なんて完璧すぎるほどの美しさっす♪なんとなく彼女の顔の造りは、僕の好きな画家・アンドリュー・ワイエスが描く女性を彷彿とさせるんですよねえ。
やっぱり有名になったのは「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」だと思いますが(正確には「ヴァージン・スーサイズ」あたりからかな?)、それ以降も「チアーズ!」、「スパーダーマン1、2」とヒット作に立て続けに出演。でも、こうして見てみると意外に過去の出演作品も多いんですね。特に「魔女の宅急便」の英語版吹き替えをやっていたのは意外。これは是非再度チェックしなくては(笑)

作品一覧:

 2007年 スパイダーマン3
 2006年 マリー・アントワネット
 2005年 エリザベス・タウン
 2004年 エターナル・サンシャイン
 2004年 ウィンブルドン
 2004年 スパイダーマン2
 2003年 モナリザ・スマイル
 2003年 ケイナ(※声優)
 2002年 スパイダーマン
 2001年 ブロンドと柩の謎
 2001年 クレイジー/ビューティフル
 2000年 デッド・ヒート・コネクション
 2000年 クロウ 復讐の翼
 2000年 チアーズ!
 1999年 キルスティン・ダンストの大統領に気をつけろ!
 1999年 タイム・ラビリンス〜時空の扉  
 1999年 ヴァージン・スーサイズ 
 1999年 わたしが美しくなった100の秘密
 1998年 ガールズ・ルール!100%おんなのこ主義
 1998年 スモール・ソルジャーズ 
 1997年 うわさの真相/ワグ・ザ・ドッグ
 1997年 アナスタシア
 1996年 マザーナイト
 1995年 ジュマンジ
 1994年 ジム・キャリーINハイ・ストラング 
 1994年 若草物語 
 1994年 遺産相続は命がけ!?
 1994年 インタヴュー・ウィズ・バンパイア
 1990年 虚栄のかがり火
 1989年 魔女の宅急便(※声優)
 1989年 ニューヨーク・ストーリー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ハリウッドでは子役から大人へのステップアップが難しいと言われているけど、キルスティンはうまく転身できましたね。『インタビュー〜』の頃のキルスティンが懐かしいです。
kaoru
2006/06/27 21:53
そうそう、キルスティンは確かに子役から大人へと見事にステップアップを遂げましたね〜。
悲しくもあまり上手くステップアップを遂げられなかった子達と違って、キルスティンの場合は適度に注目されすぎなかったのが良かったのカモ。
とりあえずキルスティンは僕の中で大好きな女優さんっす(笑)
彼女さえ見れれば映画の内容はイマイチでも構わないっす(笑)
hiro
2006/06/27 23:06
子役のまま消える人も多いですよね。ダコタの転身は絶対難しいと私は思います(汗。某雑誌でキルスティンの八重歯のコトを酷く言っていましたが、キルスティンにとってはチャームポイントですよね!?
kaoru
2006/06/28 21:44
あっ、ダコタちゃんの転身は絶対難しいですか?
個人的にはファンなんですけどね〜。
でも今までの例からすると、ちょっと幼くして成功しすぎちゃっている感も。
あまり小さい頃から巨額のギャラが発生すると、親の干渉が入ってくる場合もあるようですので、そこらへんもカギなのかもしれませんね。
キルスティンの八重歯!めちゃめちゃかわいいじゃないですか〜!
でも確かに僕の周りでもキルスティンを「ブス」などとのたまう許せん友人もおります(笑)
まあ、あの美貌はニコールとかとは違って、好みが分かれるところなのかもしれませんね。
hiro
2006/06/29 06:24
ニコールは近寄り難い美貌。キルスティンは親近感のある美貌って感じかな。ダコタは私も好きです。『アイ・アム・サム』では健気な姿が印象的でした。
kaoru
2006/07/03 14:42
ふむふむ、ニコールは近寄り難い美貌、キルスティンは親近感のある美貌ですか〜、たしかにそんな感じですね!
あっ、kaoruさんもダコタちゃん好きですか?
「アイ・アム・サム」のダコタちゃんはやばいですよね〜。かわいすぎ!(笑)
hiro
2006/07/03 21:19
ダコタを見ていると外国の子供を誘拐したくなりますね・・・なぜ外国の子供はかわいいんだろう。あ、誘拐するならダコタにしよう。←冗談ですよ(笑。
kaoru
2006/07/05 15:18
あっ、「マイ・ボディガード」発見(笑)
気持ちはわかりますが、そんなことしたらクリーシーに何されるかわかりませぬ〜(笑)
hiro
2006/07/05 21:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
女優その2 キルスティン・ダンスト Hiro's BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる