Hiro's BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画レビューその238 「UDON」

<<   作成日時 : 2007/03/11 16:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「UDON」


画像


・製作年/国 2006年/日本
・監督 本広克行
・男優 ユースケ・サンタマリア、トータス松本
・女優 小西真奈美、鈴木京香

・評価 ★★★★★★☆☆☆☆ (6.0点/10点満点) 
・ジャンル ドラマ、コメディ
・オフィシャルサイト http://www.udon.vc/movie/

 
・あらすじ

 「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助(ユースケ・サンタマリア)が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介(トータス松本)の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…。


・感想

人を笑わすんくらい
簡単やろ
美味いうどん食わせたら
一発や
美味いもん食うたら
お前かて笑うやろ

私方向オンチですから
この町に残るのって
もしかしたら脇道に逸れたり
道に迷うことなのかもしれないけど
でも道に迷わなかったら
おいしいうどんには出会えなかったから
それに香助さんにも・・・



 「踊る大捜査線 THE MOVIE」、「サマータイムマシン・ブルース」などの本広克行監督作品。香助役は同監督の「交渉人 真下正義」にも出演のユースケ・サンタマリア。恭子役は「クロエ」、「天使の卵」などに出演の小西真奈美。
 
 う〜ん、良くも悪くも(笑)。とりあえずストーリーは非っ常〜に単純ですね。ああ、ここで親父が倒れるんだろうな〜と思ってみてると、案の定倒れてるし(笑)。恭子のナレーションも、「それをセリフにしちゃいけんだろう(苦笑)」と、いささか興醒めさせる場面も。


画像



 本筋は「うどん」を軸にした香助と父親との交流にあるのですが、一過性のブームが地方にもたらす影響にも目を向けている本作。ちなみに、香助と恭子は一応、最終的には恋人のような関係として描かれていますが、二人の恋愛模様は一切描かれておりません(笑)。男性ファンにとっては願ったり叶ったりですが、ユースケは一人でブーイングしそうですな(笑)。

 また、劇中香助や、恭子の夢もしくは空想として、CGを多用したシーンが流れますが、はっきり言ってこれは要らなかったんじゃないかな〜、と。映像的にもそこそこキレイなのですが、結果的にこれらのせいで2時間以上(134分)ってのは、ちょっと長過ぎの感も。石井正則も寺島進も好きなんですけどね。極論すれば無意味(爆)。凝ったカット割りを多用したりして、個々のエピソードはテンポ良く作られているのに、全体としては間延びした印象になってるは残念でしたね。


画像



 あと、本広克行らしくと言いますか、フジテレビ製作映画らしくといいますか、色々な有名人がチョイ役で出演しているのも、この映画のささやかな楽しみの一つ。個人的には大泉洋がツボでした(笑)。なんとなく、最近この人は、顔見ただけで笑える稀有な方になりつつあります(←失礼(笑))。ナンチャンは「う〜ん・・・」、って感じでしたが(笑)。(元々ウッチャンとは違って映画向きじゃないかも)。

 まあ、全体的にそれなりに良く作られていて、邦画としてはぶっちゃけこれでも良作の部類に入りますが、パンチ力不足は否めない作品。「踊る〜」ファンにとっては、もっと「踊る〜」ネタを入れて欲しかった、ってのもありました。(寺島進、小泉考太郎、石井正則は出てますけど、本編のやつを、ね。ちなみにカエル急便は出てたみたいですね、どこ!?)


画像



 あと、やっぱりこの映画観るとうどん食べたくなりますね(爆)。これから鑑賞される方は、いつ食べたくなっても良いように、うどん買ってきてから鑑賞されることをおすすめします!
 
UDON スタンダード・エディション
UDON スタンダード・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画レビューその238 「UDON」 Hiro's BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる